通信制の看護学校について

Home »  通信制の看護学校について

10年以上の経験がある方を対象に准看護師から正看護師になるために2004年から通信制の教育が開始されるようになりました。

なぜ、このような制度が設立されたのかというと
准看護師で培った経験をさらに正看護師という立場で生かすためです。

しかし、2年生の通信制であっても、仕事しながら勉強するのはとても厳しいと言えます。

また、就業経験や生活実態が十分に配慮されていません。
この通信制のカリキュラムについての見直しが必要になり、内容の改善を求めてられたため一部改善されてきました。

通信制はレポートを提出しないと認定試験が受けられません。
多くのレポート課題がありますので、看護業務+勉強が必要になってきます。
レポートに関しても学生にとってあまり大きな負担をかけることはできませんので、レポートに関しても緩和するように求められています。

通信制は実習がありません。
看護実習がない代わりに看護計画レポートと病院見学実習と面接授業が実習の代わりに課せられます。

学習を重ね、レポート提出をしっかりと行い、認定試験をパスすることができれば国家試験の受験資格が与えられます。
国家試験に合格することで正看護師になることができます。

正看護師になり、給与アップを狙いましょう。

給与をアップさせ、働く時間を少なくすれば、家庭や育児に自分にへと時間が使えますね。

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です